面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう

「採用面接」のことを「面接とは自分のことを理解してもらい、評価を受ける場」だと思い込んでいる人がたくさんいます。

面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう

面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう 「採用面接」のことを「面接とは自分のことを理解してもらい、評価を受ける場」だと思い込んでいる人がたくさんいます。ある意味、間違いではありませんが、それを前提として面接に臨むと、自分が伝えたいことだけを相手に押し付ける一方通行の面接となってしまいます。

面接とは、相手のニーズをふまえ、自分がそれにマッチする人材であることをプレゼンテーションする場です。応募者が自信を持っている経験やスキルをいくらアピールしたところで、相手がそれを求めていなければ受け入れられません。

そこで、事前に企業研究と自分のキャリアの棚卸しを行い、「企業が求めている要素」と「自分の強み」が一致する部分を整理して伝えることが大切です。そして面接は、企業側から一方的に評価される場ではありません。自分にとっての「組織の一員としての果たすべき役割」条件を満たし、「自分がやりたいこと」を実現できる企業なのかを見極める場でもあります。社内や相手を観察し、確認すべき点について質問しましょう。企業側のニーズと自分自身のニーズが大部分で一致してこそ採用というゴールにつながります。ただし、面接であまりに細かく聞き過ぎると、印象を損ねることもあるので、その点は注意しましょう。