面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう

質疑応答は面接で最も重要視される部分ですが、全く同じ返答でありましても、その答え方一つで与える印象が変わる場合もありますから、留意すべきポイントになります。

面接では好印象と話し方が大事

面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう 質疑応答は面接で最も重要視される部分ですが、全く同じ返答でありましても、その答え方一つで与える印象が変わる場合もありますから、留意すべきポイントになります。具体的には、質問に返答する時は下を向いたり、小声で答えることは避けた方が良い傾向にあります。ただしアゴを高く上げたり大声を張り上げることが良いという訳でもなく、きちんと相手を見て、言葉を明瞭に伝えることが大切になります。面接という状況だけを考えますと、どの様に返答しても良い感じもありますが、面接官は採用後の仕事での現場を見据えています。

例えば仕事では相手に要件や意思などを確実に伝えることが重要になり、言葉を明瞭に話すことは、社会人にとって必須とも言えるスキルになります。面接ではその部分も見ていることになりますので、ハッキリと返答することが重要になります。また、背筋を正すことも重要な要素です。そのことで好印象をかもし出すことができます。好印象を持つ者から発せられた言葉は、その言葉にも好意的な印象を宿す傾向がありますから、同じ言葉を話した場合でも、面接を有利にする効果が望めます。また、若者言葉に相当する話し方は仕事の現場では嫌悪される傾向にありますから、面接では控えた方が良い話し方です。