面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう

ただでさえ緊張する面接。

面接でしどろもどろにならないように対策をしておきましょう

面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう ただでさえ緊張する面接。どんなことを聞かれるのか、どういう流れで進むのかがイメージできていないと、さらに緊張します。「予想していなかった質問を投げかけられ、焦っておかしなことを口走ってしまった」なんて失敗はよくあります。面接の流れ、そして面接でよく聞かれる質問項目について、大まかで良いのでイメージしておきましょう。

面接は①自己についての発言。これまでの経歴、経験してきた仕事内容、強みとするスキル、志望動機などを簡潔に伝えます。②キャリアの確認。自分の経験やスキルを伝える際には、過大評価も過小評価も禁物。③転職理由・志望動機の確認。転職理由は不平不満ではなく前向きな姿勢を伝えられるようにしましょう。

志望動機は事前に企業研究を行った上で、「なぜその会社を選んだのか」を納得させられるような回答を用意しておきましょう。④応募者からの質問。面接担当者から「何か質問はありますか」と尋ねられ、「ありません」では、企業への理解度や意欲を疑われるので、必ず質問をするようにしましょう。①→②→③→④という順番で進むのが一般的です。もちろん、企業によって異なりますし、状況によっては順番が入れ替わります。しかし、注目されるポイントは上記が基本なので、それぞれに対して質疑応答のシミュレーションをしておくと良いです。