面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう

外資系企業の面接では、英語の会話力が試されます。

外資系企業の面接では

面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう 外資系企業の面接では、英語の会話力が試されます。英文の履歴書やカバーレターが書けたとしても、英語で会話できなければ採用されることはないといっていいでしょう。英語には自信があるが、文法を気にしすぎて思うような会話ができないと言う人は、完璧に話そうとしないことです。ネイティブのように話せないといけないと思い込んでいる人が結構いますが、そう考えると余計話せなくなります。一般的なコミュニケーションが通じる程度の会話力で構いません。ハードルを上げすぎないと言うことがポイントになってきます。

もちろん、会話力だけあればいいわけではありません。採用担当者から英語で質問されるわけですから、ヒアリングもできなくてはいけません。採用担当者の言っていることがしっかり聞き取れず、的外れな回答をしてしまうと言うことがないようにしましょう。ヒアリング能力を磨くには、やはり英語のテープなどを聴くことです。今はインターネットがあるので、簡単に手に入れることができるでしょう。もちろん、お金をかける必要はありません。無料のものも無数になります。移動時間などのすき間時間に聴くなどして、会話力もヒアリング能力も向上させましょう。