面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう

外資系企業の面接を受けようとしている人の中には、間違ったイメージを抱いている人も少なくありません。

外資系企業の面接について

面接では相手が求めるものをプレゼンテーションしましょう 外資系企業の面接を受けようとしている人の中には、間違ったイメージを抱いている人も少なくありません。外資系企業だから、服装にはそこまで厳しくないと思っている人が結構います。確かに、必ずしも紺のリクルートスーツを着ていかなければいけないと言うわけではありません。しかし、決して服装にゆるいと言うわけではないです。清潔感があって好感のもてる自分に似合った服装で臨むようにしましょう。ジャケットは一応着ていくが、中はシャツではなくTシャツでいいだろうと考えている人もいますが、それではあまりにもラフすぎます。

もちろん、マナーも日本の企業の面接同様、きちんと守れないといけません。海外だろうが日本国内だろうが、社会人としての良識ある礼儀正しさは大切です。あいさつや態度はもちろんのこと、ドアの開け閉めなどの細かいところにも気を配りましょう。また、外資系企業の場合、面接は英語で行われることが多いです。英語を話せなくてはいけないわけですが、英語にも敬語があると言うことを知っておきましょう。敬語は日本独自の文化ではありません。友達と話すような感じで会話をしてはいけません。正しい敬語をきちんと使うようにしましょう。